内縁関係・同棲相手の浮気・不倫の不貞行為に慰謝料請求できるか?できないか?

そもそも内縁関係ってどんなの?

内縁関係とは、婚姻の意思をもって共同生活し、社会的にも夫婦と認められているものの、婚姻届を提出していないため、法律上の正式な夫婦と認められない男女関係をいいます。

内縁の成立の有無は、同居期間の長さや挙式をしている等の事情から判断されます。

 

内縁関係が認められる条件

 

・同居期間(同棲期間)
・家計の一体性(家庭の財布が一緒)
・住民票などの公的書類の手続き状況
・家族や親戚などから夫婦として扱われている
・認知した子どもがいる
・結婚式のような明確な婚姻の意思表明がある

上記のような項目を総合的に判断して内縁関係にあるかどうかが判断されます。

 

 

内縁関係・同棲相手の浮気・不倫の不貞行為に慰謝料請求できるか?

 

 

内縁は婚姻に準ずる関係でありますから、婚姻届を提出している法律上の夫婦と同様に、内縁の関係にある男女にも貞操義務があります。

 

よって、内縁の配偶者の浮気・不倫は,不法行為として認められ,内縁破棄の原因になったと主張すれば,内縁の配偶者や浮気・不倫相手に慰謝料を請求できます。

 

しかし、内縁関係にあったと証明することができなくてはいけません。

もしかして、内縁の配偶者や浮気・不倫相手に慰謝料を請求した場合に「内縁関係ではないと考えていた」と言われてしまいますと、

慰謝料の請求が難しくなります。

なので、内縁関係の成立の有無を証明する必要があります。

その証明方法としては,いくつかの証明が必要になってきます。

 

 

 

TEL

mail

探偵ブログ 浮気調査編

探偵ブログ 日々の調査編

Topix